【ききみみ新曲PICKUP】Number_i 「GOAT」 過去のアイドル経歴を壮大な“フリ”にしてしまう、世界見据えた濃密な一曲

「GOAT」の楽曲配信とMV公開がスタートした「Number_i」の(左から)神宮寺勇太、平野紫耀、岸優太 ⒸTOBE Co.’ Ltd.

平野紫耀、神宮寺勇太、岸優太による「Number_i」がいよいよ2024年、音楽活動をスタートさせた。1日に「GOAT」を配信開始。ミュージックビデオ(MV)も同時公開すると、半日経たずに300万回再生を突破、2日午前10時時点で560万回再生に達している。

ひと言で表現すると、攻めに攻めた作品。全編ラップで、ポップよりもワイルドでアバンギャルドな方向に振り切っている。これまで彼らがアイドルとして築いてきたイメージが壮大な“フリ”となって、あらゆる既成概念を気持ちよく覆してくれる。

Number_i「GOAT」のMVより ⒸTOBE Co.’ Ltd.

“かっこいい事や楽しい事・全部乗せ”の濃密な1曲だ。力強いビートに、低音で攻撃的に迫ってくる言葉の羅列。聴き込むうちにリズムがクセになってくる。歌詞の通り、「君の脳内はもう踊らずにはいられない」状態に陥る。

MVの見どころは何と言ってもキレキレのダンスだが、とにかく転換が早くて情報量が多い映像に感情をあおられる。上空のヘリコプターをバックに屋上でパフォーマンスする都会的で洗練された場面があれば、インド映画のダンスシーンのようなひと幕も。クール、サイケ、カジュアル、シュール…などめまぐるしくテイストが変わるカオスな3分40秒間が、また今っぽい。

Number_i「GOAT」のジャケット写真 ⒸTOBE Co.’ Ltd.

タイトル「GOAT」は「Greatest Of All Time」の略。スラングで「史上最高の」「超最高!」といった意味で使われる。レーベルでは“スタート地点に立ちながら、同曲が完全に最高到達点であると宣言する、時代を変革する可能性のあるナンバー”と紹介しており、自信のほどがうかがえる。

今、最高にかっこいいと思う自分たちを惜しみなく披露し、スタートダッシュを決めた3人。その潔さは、新たな門出を見守るファンに刺激を与え、世界を見据えた今後に大きな期待を抱かせたに違いない。(萩原 可奈)

この記事のフォト(3枚)

  • 「GOAT」の楽曲配信とMV公開がスタートした「Number_i」の(左から)神宮寺勇太、平野紫耀、岸優太 ⒸTOBE Co.' Ltd.
  • Number_i「GOAT」のMVより ⒸTOBE Co.' Ltd.
  • Number_i「GOAT」のジャケット写真 ⒸTOBE Co.' Ltd.

関連記事

お気に入り記事一覧

お気に入りがありません。

プレゼント