King&Prince永瀬廉、大先輩・木村拓哉との“初交流”語る「緊張はしましたけど…」

King&Prince永瀬廉が7日、文化放送「King&Prince 永瀬廉のRadio GARDEN」で、所属事務所の大先輩・木村拓哉について語った。

メンバーの永瀬と高橋海人は、先月の木村のラジオ番組「木村拓哉 Flow」(TOKYO FM)のマンスリーゲストで出演。ドラマで共演歴のある高橋とは違い、永瀬にとっては緊張の収録だったと明かした。

「海人は(木村さんの)お家に遊びに行かせていただいたこととかを(海人から)聞いてたから、(僕にとっては)『(ウチの海人が)お世話になってます』ぐらいの先輩。海人がいつもよくしていただいてありがとうございますっていう(気持ち)」で接したという。

「僕に関しては、ほぼほぼ(接点が)無かったから、ごあいさつぐらいで、海人づたいに俺ら2人のことを気にかけてくださってるっていうのはずっと聞いていたので、めちゃめちゃうれしいなって。めちゃめちゃ優しい先輩やなって、ありがたいなって」って思っていたと話した。

その上で臨んだラジオ共演は、「緊張はしましたけど、意外とフランクだった。もっと先輩先輩しててギチギチの人というか、体育会系っていうのはある程度あるんですけど、僕が思っていた以上に柔らかい方で、すごい話やすくて、引き出すのが大変お上手。こっちもしゃべりたくなるような質問とか、相づちの打ち方であったりをすごい感じた」と先輩の偉大さを実感したことを、細かく語った。「勉強になりましたね。同じラジオをやらせていただいてる人間として大変」と感謝した。

最後は「ぜひこのラジオに木村さんをお呼びしたい」と今後の夢も語り、先輩キムタクにぞっこんになった様子が、うれしそうな声にも表れていた。

この記事のフォト(1枚)

関連記事

お気に入り記事一覧

お気に入りがありません。

プレゼント