東方神起ユンホ&チャンミン<一問一答ほぼ全文①>~いよいよ全国ツアーファイナル東京ドーム~

東方神起のチャンミン(左)とユンホ

大人気の韓国男性デュオ「東方神起」が、きょう24日から2日間、全国ツアーファイナルとして東京ドームでコンサートを行う。2020年1月以来、約3年半ぶりとなった日本での全国ツアー。各地でファンの歓声に迎えられたユンホとチャンミン。クライマックスを前に意気込みを語ったインタビューほぼ全文①をお届けします!

――3年ぶりのツアーの手応えは?

ユンホ「まずは、凄くうれしいですね。やっぱり、コロナ禍で皆さんに会う機会もなかった。オンラインコンテンツではライブで歌ったことはあるけど、実際に皆さんに会って、歌ってみて、〝あぁ~、やっぱりこれがライブだな〟と凄く感じた。規制が緩和されてきている。当たり前じゃない日常がそろそろ戻ってきているんじゃないかなと思っていますね」

チャンミン「2人だけじゃなく、ほかのアーティストもそうだったと思うけど、アーティストとして立つ居場所を失った3年だったんじゃないかなと思う。やっぱりファンの皆さんと一緒にライブ会場で楽しい時間を過ごす時が、アーティストとして一番喜びを感じる瞬間じゃないかなと思う。アーティストたちも居場所に戻ってきている安心感、幸せを感じていると思う。ファンの皆さんも、〝辛い3年間がやっと終わって再会ができて日常生活を楽しめることが取り戻せた〟という感覚じゃないかなと思って凄く幸せですね」

――久しぶりのドーム公演。京セラドームの感想は?

ユンホ「やっぱりデカイですね(笑い)。今まで運良くドームは何回もやったんですけど、今回違ったのはやっぱり、何万人もが1つになって一緒に叫んだりするのは難しいことだと思っています。アーティスト的にもそれが凄くプライドになっている。自分たちで言うのも恥ずかしいけど、東方神起のツアーのいいところは、アーティスト2人だけじゃなくて、お客さん、ファンの皆さまと同時にいいライブをつくれること。それが東方神起の魅力だと思う。たとえば、掛け声とか。そこが、どの場所でもいいけど、ドームは広いから〝お~っ、すごく 幸せだな~〟って自分は満足している。ありがたいですね」

――締めくくりは24、25日の東京ドーム公演。

ユンホ「まずは本当にここまでいろんなことがあって、東方神起的にも凄く頑張って気合を入れて見せるよって。周りのスタッフさんと悩みながらこのツアーを準備した。まずは、最後まで無事に終えたいですよね。僕も足首をちょっとけがしてしまって。最近、身をもって感じているんですけど、周りのスタッフさん、お客さん、みんな元気で〝これがライブだな~〟って感じながら無事に終えたい」

――足首の状態は?

ユンホ「今はだんだん良くなっている。実は思ったより大けがだった。でも、リハビリを凄く頑張って立つことはできたので。完全に治るのは、これからだと思う。ちょっと時間がかかる。でも、皆さんの熱い声援が力になっているから、ドームまでは問題ないです」

チャンミン「3年という離ればなれになっていた時間の中、2人のことを応援してくださったその心に対して、すごく感謝の気持ちであふれている。その前にも徴兵で2年くらい会えない時間があった。その時も待ってくれていたファンの皆さんへの感謝の気持ちであふれていたけど、今回はそれよりも、さらに長い期間だったので。長く離れていた時期が2回もあったけれど、変わらずにこんなにデカイ会場でライブができるようにファンの皆さんがずっと応援してくれている。感謝の気持ちで胸いっぱいです。だから、けがもあるけど、とにかく楽しい時間を過ごしたいですね。本当に久しぶりに皆さんの笑顔が見られたり、一緒に大きな声で歌っている姿が見られたり、それ自体が、本当にうれしくてうれしくてたまらないほど感動的だった。とにかくファンの皆さんを喜ばせたい。そういう気持ちです」

東方神起のチャンミン(左)とユンホ

――来日は久しぶりですか

チャンミン「ライブは久しぶりですね。コロナがまだ世の中で終わっていない何カ月か前にファンクラブイベントという形でちょっと全国あちこち回った。ライブツアーで回るのは久しぶりですね」

――久しぶりの日本でも流ちょうな日本語。どうやって忘れないように維持していたのか。

ユンホ「僕は昔の方がよかったと思います。毎回毎回、このツアーのため、MCのために、今まで使った表現ではなく、新しい表現を周りのスタッフさんに聞いてみたりしている。稽古とかして、アニメ大好きだからアニメを見ながらこの単語使ってみようとか。無理矢理(笑い)。日本のドラマとか。今の東方神起と皆さんとの関係をよく説明してくれる台詞があったら、自分らしく変えて表現したりする。そういうのが良い勉強になっていますね」

――MCで無理やり使おうと思った言葉は?

ユンホ「たまにMCで〝何だってばよ!〟っていう言い方をするじゃないですか~。〝何々でございます〟〝何々でござる〟みたいな。たまにそういう時代系をわざと入れて、空気を読んで寒くなったら、次のあいさつをする。反応が良かったら、もう一度使ってみようとか。四文字熟語もそう。ワンピースのタイトル見たらたまに四文字熟語出てくるからたまに使ってみようって」

チャンミン「ネットフリックスもそうだし、色んなOTTがあるからいつでも日本の番組とかを見られる環境になっている。意識を持って、日本の流行りの音楽だったり、この業界の記事や日本のニュースをとにかく少しずつでもキャッチアップしています」

――最近キャッチアップしたニュースは?

チャンミン「言えない…(笑い)」

(つづく)

この記事のフォト(2枚)

  • 東方神起のチャンミン(左)とユンホ
  • 東方神起のチャンミン(左)とユンホ

関連記事

お気に入り記事一覧

お気に入りがありません。

プレゼント